山形ラーメン消化機構

山形市内を中心として、ボクが食べに行ったラーメン屋さんの感想を(あくまで個人的な視点から)書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢や

住所:山形県山形市小荷駄町6-32【地図】
営業時間:11:30~21:00(LO.20:00)
定休日:不定休
テーブル上の調味料:一味唐辛子、七味唐辛子、酢、胡椒、醤油
ティシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:醤油らーめん 500円、激辛味噌らーめん 750円

P1110684.jpg

市立図書館の帰り、ふと気紛れでいつも通らない道に車で入って行ったら「喜多方ラーメン」という真っ赤なのぼりが見えた。「こんな所に?」と思い車を停めてのぞきこむと、垣根の先にのぼりが何本も立っている…が、駐車するには垣根の向こうまで行かねばならない…結局グルリと町内を大きく回りどうにか店前に到着。どう見ても普通の木造アパートなんだけど、1階の奥の部屋に看板がある…ここ本当にお店?とりあえず入ってみようと、アパート向かいの駐車場に車を納めようと切り返していると、店から店主らしき男性が現われた。「ここに車停めていいですかね?」「あ、できればコッチに…」男性はにこやかに店前の小さなスペースを指差す。マジ?そこに停めちゃうと店が全然見えなくなっちゃいませんか?バックで店前に停めると、男性が笑顔で待ってて「どうぞどうぞ」まるで親戚の叔父さんの家に遊びに来たようだ…

店内はやはり、かなり築年数のいってるアパートの一室だったが、きれいにリフォームされてるので、清潔感はある。6畳ばかりのフローリングの座敷きにテーブルが2つ…奥のテーブルでは、きっとここの家の子だろう女の子がお絵書きして遊んでいる。夜は居酒屋ぽくもなるらしく、メニューの裏面は一品料理が並ぶ…ラーメンのメニューも醤油、塩、味噌、キムチラーメン、野菜ラーメン、マーボーメン、冷たいラーメンと種類が多い。基本の醤油らーめんと激辛味噌らーめんを頼む。

サイドボードに並ぶ焼酎のボトルを見ながら「ここに飲みに来ても、まるで宅飲みしてるみたいで外に飲みに来たって気持ちにならないんだろうな」「でも、そういう落ち着けるのが好きって人もいるんじゃない」なんて話を妻としてると、ラーメンが運ばれてきた。

P1110700.jpg

まずは、醤油ラーメン。これが醤油?てくらい透き通ったスープをすする…確かに喜多方っぽい塩のインパクトと醤油の風味、そして豚を筆頭とした濃いダシの味がおいしい。麺は逆に喜多方ぽくない普通の中細ちぢれ麺だが、茹で加減は悪くない。

P1110704.jpg

チャーシュー、メンマも丁寧な仕事が感じられるプロの味。店構えがアレだけに、脱サラでバタバタッと始めた店なのかなあ?なんて失礼な想像をしてしまったが、しっかりと美味しいラーメンでした。

P1110697.jpg

お次は、激辛味噌らーめん。確かにピリッとはくるけど全然激辛ではないなあ…スープの味自体も味噌ラーメンに豆板醤を多めに入れました以上の工夫は感じられずに残念…麺は醤油と同じ中細ちぢれ。シャキシャキの野菜が結構ボリュームあるが、また注文しようとは思えなかった。

我々が食べている間、店主は隣接しているキッチンにいるのだが、なにしろ狭い店なので、ヒソヒソと話してても会話は丸聞こえ(ていうか、耳をすましてるんだろう)で「これ何だろうね?」みたな事を話すと、キッチンから半身を出した店主が「それは○○です」とか答えてくれたりしておもしろい。妻が「水とって」とボクに言ったら、キッチンから水の入ったボトルを持った店主がスッと現われ、ボクが妻に渡してるのを見てスッと引っ込んだのには笑ってしまった。

会計を済ませ「おいしかったです」と店を出た。店主は玄関の外まで我々を見送りに出てきて、でもペコリとお辞儀をしたら他に何か言う事もする事もないので、何となく気まずそうにモジモジしていた。ボクも早くこの場を離れなければと、妙にアセってハンドブレーキかけたまま走っちゃったりして…いやあ、おもしろい店だった。

再来店の可能性:◎
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/06/20(金) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新雅

住所:山形県山形市小姓町7-4【地図】
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00
定休日:木曜日
テーブル上の調味料:醤油、酢、辣油、胡椒
ティッシュの有無:なし
接客:気にならない
画像:ラーメン 550円、ニラレバ炒め(小)650円、ライス(スープ付)250円

P1100308.jpg

居酒屋のカウンターで飲んでいて、たまたま隣席した方と意気投合、ふとラーメンかなんかの話題から自分の連れが「こいつ、ラーメンのブログやってるんですよ」なんて軽口を叩き、そこから「だったら、是非ここ行ってみて」なんてオススメのお店を聞くことがある。このお店もそんな風にして複数の方から推された場所、ただし「レバニラ炒めがめっぽうおいしいんだ!ま、ラーメンも悪くないけど…」くらいな勢いで。レバニラ炒めなんて、もう何年も食べてないし「まあ、機会があったら」くらいに思っていたのだが、たまたま行きつけの店に振られた午後8時過ぎ「そういえば、この辺りに…」と思い出したので、ふらりと立ち寄った。

店内は決して広くはないが整然として「ラーメン屋じゃなくて、中華料理店だかんな」という声が聞こえてくるよう。メニューにラーメン関係は少ない…ので、迷うことなく基本のラーメンと、噂のレバニラ炒めを注文。

P1100298.jpg

しばらくして運ばれた盆に鎮座するドンブリ…シンプルな佇まいに、うずらの玉子がかわいらしい。少し濁ったスープをすする…「やわらかい」が第一印象、油もけっこう浮いてるのに極めて優しい味…塩気や化学調味料に頼ってない丁寧な仕事を感じる。

P1100305.jpg

麺はツルツルプリプリとコシがある。ボクのようにスープをたくさん飲む人間は、インパクトの強いスープだと一口目はおいしいのだが、じき塩っぱくなってしまったり口飽きしてしまうのだが、このやわらかいスープは全然平気だ、ズズズズズッと麺をすすり、スープを飲む…あ、風邪とか二日酔いの胃腸が弱ってる時に限ってラーメンを食べたくなるけど、そういう時にここのラーメンならベストかも!

P1100291.jpg

噂のレバニラ炒め!ひと口食べてスグわかる「あぁ、こりゃ確かにおいしいや」奇をてらった味ではないが、ラーメンと同じく丁寧に作られている…ゴハンがすすむ味の濃さがありながら、ニンニクなどの薬味が立っての強さなので塩っぱ過ぎないし、油も結構使われてるのに食後に胸焼けとかが全く無かった。

P1100297.jpg

特筆すべきはやはりレバー、薄めにカットされ下味でくさみを消し、片栗粉をまぶしてから炒めているのでタレが存分にからんでいて実においしい。レバー独特のくさみや食感が堪らなく好き!という人には物足りないかもしれないが、レバーはあまり得意じゃないから…みたいな人は「ん?レバニラっておいしいんだねえ~」と喜ぶ作り方だと思う。もちろん、ニラやもやしはシャキシャキ!夜なのでライスとセットにすると900円になってしまうが、ランチ時だとこれが750円とお得感がある。

一品料理はそれぞれ、小皿・大皿と2種類用意されているので一人で来ても家族連れでも、悩まず注文できるのも嬉しい。レバニラ炒めが評判ということで、ギットリコッテリのガツン系を想像していたが意外や意外、身体に優しい中華…そんな印象の店であった。

再来店の可能性:○

 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2008/03/14(金) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やぶ家

住所:山形県山形市七日町5-3-32【地図】
営業時間:11:00~19:30
定休日:火曜日
テーブル上の調味料:一味唐辛子、胡椒、酢
ティッシュの有無:紙おしぼり、ティッシュ各テーブル
接客:気にならない
画像:もりそば 550円

P1090323.jpg

第五小学校西門前にある、こじんまりとしつつも綺麗なお蕎麦屋さん。

P1090311.jpg

熱々のスープがなみなみと張られているのが嬉しい。フワリと立ち上がる湯気は、やさしいお醤油の香り…深い藍色の丼もかわいらしい。スープをすすると、これぞ蕎麦屋の中華って感じの甘味がダシを包んでるかのような風味が広がる。麺はコシがあり、プリプリと良い茹で加減。

P1090314.jpg

2枚入ったチャーシューは、ホロホロと柔らかく美味。メンマも柔らかめで、しかしちゃんとコリコリとした食感のある“丁寧な仕事”を感じさせてくれる味わい。思わず、スープをほとんど飲み干してしまいました。

再来店の可能性:○

《関連記事リンク》山形きそば消化機構『やぶ家』

 
  1. 2008/02/01(金) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

丸五そば屋

住所:山形県山形市東原町1-3-19【地図】
営業時間:11:00~17:00
定休日:日祝日
テーブル上の調味料:胡椒(ギャバンブラック)、一味唐辛子、ねりわさび
テイッシュの有無:BOXティッシュ非常にわかりにくい場所に1個
接客:気にならない
画像:中華そば 578円

P1080451.jpg

山形大学正門前という場所柄もあり、訪れるお客さんは学生や学校関係者が多いように見受けられました。お客さんのほとんどは、盛りがいい事で有名な『もり天(788円』を注文しているようです。

P1080434.jpg

中華そばは、鶏ガラに和風ダシのきいた「まさに蕎麦屋さんの中華!」といったお味。軽くちぢれた中細麺がちょっと柔めなのも違和感なし…唯一「おや?」っと思ったのはチャーシュー!箸で持ち上げるとホロホロ崩れてしまうくらい柔らかく、味もしっかりしている。スープが濃くない分、このチャーシューが味のバランスを取っていて、久々に「チャーシューメンを頼めば良かったかな?」なんて思ってしまいました。

P1080438.jpg

再来店の可能性:△

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2007/11/24(土) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海厨房 五十番飯店

住所:山形県山形市桜田東4-1-36【地図】
営業時間:11:00~22:00
定休日:火曜日
テーブル上の調味料:醤油、酢、辣油、ホワイトペッパー
テイッシュの有無:おしぼり、ナプキン
接客:気にならない
画像:肉ラーメン 780円、みそラーメン 680円、スーラ-タンメン 780円

P1080383.jpg

駅前の中華料理『五十番飯店』の姉妹店。とても清潔感ある店内、席は個室のように仕切られたスペースが多く、くつろげていい雰囲気です。お箸が割り箸じゃないのも、これだけキレイな店だと抵抗ないし、むしろ好印象。

P1080367.jpg

あっさりながらもコクのある中華スープに、ツルツルの中華麺、そしてその上に豚肉やタケノコ、ピーマン、キクラゲのあんかけがたっぷり!おそらく肉に下味をつけた後、片栗粉をまぶして一度揚げてあるからだと思うけど、肉の食感がフワフワチュルチュルとすごくおいしい。ボリュームたっぷりで、食べても食べてもスープの中から肉が出てくる感じ!満腹になれる一杯でした。

P1080371.jpg

この店の肉ラーメンやスーラ-タンメンの噂はよく聞くけど、みそラーメンてどんなだろ?と興味あったので頼んでみました。そうしたら、意外なことに龍上海系のような脂多めでコクのあるスープが!辛味噌もただの豆板醤じゃない、ちゃんとした(という言い方もおかしいが)ニンニク等の調味料の効いた辛味噌でなかなかおいしい。麺は他のメニューと同じ中細のツルツル。トッピングの水菜や細かいカットのネギ、ワカメ、メンマ、チャーシュー、ナルトと色んな食感の具があって、まったく飽きずに楽しく食べれました。

P1080376.jpg

人気のスーラ-タンメン、辛くて酸っぱいスープ全体にとろみがついていて実に暖まる…というか汗が吹き出します!ニラやネギはともかく、豆腐やフワフワした溶きタマゴの食感が新鮮でおもしろい。辛いといっても唐辛子の辛さではなくコショウの辛さなので、辛いの苦手な方でも結構いけると思います。食後感も酢のおかげか満腹の割にスッキリ…

P1080378.jpg

再来店の可能性:○

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2007/11/21(水) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。