山形ラーメン消化機構

山形市内を中心として、ボクが食べに行ったラーメン屋さんの感想を(あくまで個人的な視点から)書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふうふうもんじゃ(山形南店)

住所:山形県山形市南館3-6-3【地図】
営業時間:平日17:00~23:00  土日祝日11:00~23:00
定休日:不定休
テーブル:ソースなどお好み焼き関係の調味料一式、コショウ
テイッシュの有無:各テーブルにウエットティッシュ
接客:気にならない
画像:たまげたらーめん(650円)

fuufuumonjya1.jpg

もんじゃ焼き屋さんですが、一時期タウン誌やチラシ広告でラーメンを始めた事をすごく押してたので、食べに来てみました。店のノレンも半分「ラーメン」だったし、一応店に入った時に「ラーメンだけでもいいですか?」って聞いたらOKだったし…でも、やっぱし1人でもんじゃ屋はツライものがありました。周りは夏休みという事もあり、若者や家族連れでかなり賑やか…その中で鉄板に火も入れずに1人でラーメンを待つ中年男性…ちょっと自虐的な気分にひたれます。

fuufuumonjya2.jpg

出てきたラーメンは、宣伝文句の通りにかなり大きい…ドンブリにひっかけたレンゲがかなり小さく見えます。ラーメンショップの一番大きいドンブリと同じくらいでしょうか?高さはあまりありません。スープはいわゆる「支那そば」の味。色が濃いけど、ダシの味が強くてアッサリ。平打ちのちぢれ麺も茹で加減がいい感じで、量も思ったほど多くはありませんでした(とはいえ十分満腹になる量)。チャーシューは見ての通り、普通の店の2倍くらいのサイズのが4枚も入ってました。適度にやわらかく、味もしっかりしてて中々に美味。シナチクやワカメもそつない感じで、正直「大きいばかりでたいしたことないんじゃ…」なんて思ってたのが申し訳なくなる程、おいしいラーメンでした。

しかも、夏期期間(具体的な月日は書いてなかったが)はラーメン類はすべて100円引きだそうで、このボリュームで550円!安いなあ… 他のメニューはミソ味と、それぞれのチャーシュー麺がありました。あ、あと、もんじゃ焼き・お好み焼き等も…

再来店の可能性:○ 次は…誰か誘ってきたいと思います
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/29(月) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廣東

住所:山形県白鷹町十王5005-15【地図】
営業時間:11:00~14:30  17:00~20:00
定休日:火曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、コショウ(ギャバンブラック)
テイッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:地獄ラーメン(680円)、ラージャンメン (680円)

山形市内の方から来ると、山道を越えた先にある目立つ中華料理店。

sirataka1.jpg

地獄ラーメンはミソ味。パッと見た感じ色がすごく辛そうだが、スープを飲んでみると刺激の後に強い甘味が広がって、思いのほかマイルドな味わい。レンゲに盛られた辛味噌を溶かすとコクが増すが、辛味はそれほど強くならない。ゴマの風味が強く残った、とびきりうま味の強いラー油って感じの味わい。

sirataka2.jpg

ラージャンメンは醤油味の辛味ラーメン。具は地獄ラーメンと同じで、炒めたモヤシ・ニラ・ニンジン・ひき肉と、シナチク。こちらも豆板醤の味が全面に出てるが、辛さはそれ程でもなく、後味は鳥の脂のようなマイルド甘味とニンニクの香りが口に残る。どちらも中細麺で軽く手揉みしてあるのか、ゆるいちぢれが入っていた。

メニューは他に、各種ラーメンをはじめ定食や丼もの等、中華全般。平日はお得なセットメニューも利用できるそうだ。

再来店の可能性:△ 遠いので…
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/26(金) 12:12:12|
  2. 山形県内上記以外の市町村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名物 蔵王みそラーメン

住所:山形県山形市七日町4-10-2【地図】
営業時間:17:00~4:00
定休日:日曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、コショウ
テイッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:しょうゆラーメン(550円) 、蔵王ネギみそラーメン(700円)

zaouramen1.jpg

狸小路にある酔客にはお馴染みのラーメン店。週末などは深夜2時に奥の座敷まで満員だったりします。最近は店の前で「玉コンニャク」を出したりもしてるみたい…

zaouramen3.jpg

いわゆる「札幌ラーメン」の系統だと思います。ちぢれ中太麺にコクのあるスープ、その上にはたっぷりの炒め野菜。酔ってる時はやっぱり、濃いめ脂多めの方が「これで締めだ!」という実感が湧いて、いい感じ。ネギみそラーメンは、ネギに豆板醤がたっぷり絡んでいて思いのほか辛味が強かったです。

zaouramen2.jpg

メニューは他に、塩ラーメンや、各味の納豆ラーメン等…ギョウザも結構おいしいです。

再来店の可能性:○

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/24(水) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

材木亭

住所:山形県山形市あさひ町23-1【地図】
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、コショウ(ギャバンブラック)、パックの一味唐辛子
テイッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:気にならない
画像:材木亭メン(550円)

zaimoku1.jpg

県庁裏にある老舗の食堂、高い天井と共に店内の内装はレトロな雰囲気が漂っていて良い感じ。

zaimoku3.jpg

メニューに店名のついた「材木亭メン」は、豚肉と野菜のあんかけがかかった醤油ラーメンで、ゴマ油の香りが食欲を誘います。軽くちぢれのはいった細麺は、つるつるとして良い茹で具合。スープはあっさりとした中華料理店の味。あんかけは醤油味の中華丼の具って感じで、それぞれの野菜の切り方やとろみのつけ方など丁寧な仕事を感じさせてくれます。インパクトや強い個性があるわけではありませんが、ラーメン全体のバランスが非常に優れていて、楽しみながら完食できて、食後も「ああ、おいしかった」と素直に思えるようなお味でした。

zaimoku2.jpg

中華料理を中心に蕎麦や定食、丼ぶりなどメニューは70種程あり、その中でラーメン系は16種類。本格的な中華一品料理もありました。

再来店の可能性:◎
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/22(月) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

中華そば 初代 梵天丸

住所:山形県天童市大字矢野目1432-2【地図】
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、七味唐辛子、黒コショウ
テイッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:忙しそう
画像:梵天丸中華そば(550円)、つけめん・大(650円)、南蛮中華・大盛(650円)

bontenmaru1.jpg

天童の人気店、場所がわかりずらい事と昼しか営業してないので、いままで足が向かなかったのですが、休日に行ってきました。民家を改造した店内は満員…かろうじて相席で座る事ができました。食べて驚いたのは、去年まで山形市内にあったラーメン店「醤屋」の味にそっくり!ラーメンの種類から盛り付けまで(俺たちの醤屋と改名する前の)醤屋と同じでした。きっと、ここで修行した人が「山形の街中にオシャレな内装で、このラーメンを出したら大人気になるかも?」と思ったんでしょうが…あいにく醤屋はいつもガラガラで間もなく閉店…結構好きだったのでかなりショックでした。しかし、ここに来ればまた食べられるのかあ~嬉しい!

bontenmaru2.jpg

麺はみんな一緒…中細で軽くちぢれが入り、ちょっと柔らかめ。梵天丸中華のスープは魚ダシの風味で、けっこう濃いめ。背脂が多いけど、梅干しをほぐすと酸味が油っぽさを消してくれてサッパリと食べられる。レンゲについた辛味噌もいいアクセント。つけめんは魚ダシ+酸味のあるスープで、そのまま飲むとかなり複雑な味だけど麺との相性はバッチリ!スライスされてないチャーシューの塊が入っていた。

bontenmaru4.jpg

自家製の唐辛子を使用した南蛮中華は「醤屋」でも一時期扱っていたメニューで、辛味噌等とはまたちがった直線的な刺激がおいしく、辛いラーメン好きな人間には堪らない味。大盛りを注文したら、普通盛りと同じドンブリで出てきてしまい、麺ばかりでスープが少なかったのが残念でした…

bontenmaru3.jpg

メニューは他に、あっさり醤油味や、豚骨醤油味、塩味、味噌、チャーシュー丼、3種類のギョウザ等…全体的に単価低めに感じました。

再来店の可能性:○
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/19(金) 12:12:12|
  2. 山形県内上記以外の市町村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華 しみずや

住所:山形県山形市東原町4-7-1【地図】
営業時間: 11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:火曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、コショウ(ギャバンブラック)
テイッシュの有無:店内いくつかテイッシュあり
接客:気にならない
画像:半チャーハン+ラーメンセット(750円)

shimizu1.jpg

外装内装共に小奇麗な、大通りの交差点にある中華飯店。

shimizu2.jpg

ラーメンと半チャーハンのセットをいただきました。ラーメンスープは色が薄く、鳥の香りと化学調味料のハーモニーがやさしい、まさしく中華飯店の味。中細ちぢれ麺の茹で具合も適度にコシがあっていい感じ。チャーシューもこのサイズのものが2枚入ってるってのは嬉しいものです。チャーハンは注文してから炒めてくれてました…ありがたい。具にチャーシューとコマ切れのハムが入ってたのが印象的で、味はオーソドックスな塩コショウ味の素な感じでした。デザートの杏仁豆腐もおいしかったです。

他のメニューは、ラーメン各種、冷し中華、冷たいラーメン、定食類、中華一品料理などでした。

再来店の可能性:○
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/12(金) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味の時計台(山形南栄町店)

ホームページ:http://www.ajino-tokeidai.co.jp/
住所:山形県山形市南栄町3-9-25【地図】
営業時間: 11:30~22:00
定休日:年中無休
テーブル:醤油、酢、コショウ、一味唐辛子、おろしニンニク
テイッシュの有無:店内あちこちテイッシュあり
接客:気にならない
画像:みそラーメン(630円)、セットぎょうざ(273円)

tokeidai11.jpg

北海道に本社のある、札幌ラーメンのチェーン店。大の目店がオープンした時に行ったのですが、あまり良い印象がなく足が遠のいてました。しかし、今回TUY通りの何店鋪もラーメン屋がつぶれ続けている魔のスポットに、山形2号店がオープンしたので行ってみました。

tokeidai12.jpg

注文したのはみそラーメン。スープは、やたらと甘味が強い不思議な味。麺は、茹で加減はいいものの粉の匂いが(悪い意味で)口に残りました…熟成期間か温度管理に問題があったような気がします。具に関しては野菜が入っているもののボリュームはなく、シナチクはスーパーで売ってる味付きレトルト商品の味がしました。ドンブリには「サッポロこだわりラーメン」と書いてありますが、メニューやホームページを見てもどこにも「こだわり」の内容については書かれていなかったので、謎のまま…

ギョウザは小ぶりで、冷凍食品そのまんまの特筆すべきことない味。ちなみに、お皿はダイソーの中華食器シリーズに酷似しているような…

みそ、しょうゆ、塩の基本メニューがたいしたボリュームもないのに630円という強気の値段設定に疑問を感じました。いったいその自信はどこから来るのか?そして、大の目店もあまり集客があるようには見えないのに、この場所に2店目…

再来店の可能性:×
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/06(土) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らーめん 亀太郎

住所:山形県山形市南原1-25-30【地図】
営業時間:11:00~23:00(平日は14:30~17:00休憩)
定休日:年中無休
テーブル:コショウ(ギャバンブラック)、酢
テイッシュの有無:各テーブルにティッシュ
接客:気にならない

kametarou1.jpg

以前、七日町のはずれにあった「てぬき餃子 亀太郎」が、池袋なんじゃタウンの餃子スタジアムに出店、そして山形に帰ってきたらしい…なぜかテルメの駐車場に。

kametarou2.jpg

らーめんはそれぞれ、味の濃さ・ニンニクの有無・背脂の量を無料で指定でき、これはオープンしたばかりだからかどうかわからないが、大盛りも無料でしてくれるとの事でした。しかし、価格はボクが食べたノーマルの亀太郎らーめんで650円とちょっと高め。

さて、味の方は…スープの濃さは特に指定しなかったのですが、かなり薄めで思わず「もうちょっと濃くしてもらえますか」とお願いしてしまいました。小さな器に醤油タレを持って来てくれたんですが、これを全部入れてやっと普通の濃さかな?と感じました。背脂をたっぷりめで頼んだんですが、写真を見てわかるようにそんなにたくさんは入ってません。同じく入れてもらったニンニクの香りはかなり強かったんだけど、これはスープに浮いた焦がしネギのような…行者ニンニクを油で揚げたものかなあ?じゃないかなと思いました。

麺は、きしめんをそのまんま中華麺にしたような太平打ちのストレートで、かなり特殊…好き嫌いは別れると思います。ここまで変わった麺にするなら、店内に麺へのこだわりについてでも書いてあると付加価値としてプラスなんでしょうが、何も説明がなく、しかも特に「これは、このラーメンにぴったしだ!」というような驚きもないので「なんで?」って感想しか残らない気がします。

再来店の可能性:△
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/03(水) 12:12:12|
  2. 山形市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。