山形ラーメン消化機構

山形市内を中心として、ボクが食べに行ったラーメン屋さんの感想を(あくまで個人的な視点から)書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

角さん

住所:山形県上山市十日町4-21【地図】
営業時間:11:00~15:00頃
テーブル上の調味料:コショウ、一味唐辛子、酢
テイッシュの有無:店内に1つBOXティッシュ
接客:ざっくばらん
画像:冷たい中華 550円、中華そば(大盛り100円増)550円

P1060268.jpg

上山市の十日町通りからお城の方にちょっと入った細道の奥に『角さん』はある。外観は「時代劇のセットか?」と思うような木造家屋、今は赤く目をひく暖簾も以前は紺でボロボロ、今より(さらに)入り難い雰囲気だった。ボクは、この店に今まで2回、ちょうど2年ごとに訪れている。決して「おいしい」とは思わないものの、2年くらいたつと「あれ、どんな味だったっけ?」と気になり足を運んでしまうのだ。4年前は高齢のばあちゃんと年配のおじさん店主、2年前はばあちゃんの姿が見えなかったので「アレ?」と思い店内を見回すと、スリ硝子の開き戸で仕切られた向こうの部屋の床にふせているようで、戸の隙間からこちらを伺う様子が見え、申し訳ないがちょっとゾッとしてしまった。

P1060261.jpg

で、今回はすっかりばあちゃんの気配は無くなっていた。店主1人で、店内もまるきり独身男性の部屋そのまんまという感じで雑然としている。イスには薄汚れた仕事着や上着、テーブルには新聞、灰皿と…お世辞にも衛生的とは言い難い。

P1060233.jpg

暑い日だったので注文したのは『冷たい中華』。スープはあっさり素朴ながらもコクがあって悪くない…以前、中華そばを食べた時に感じた強い豚の香りはなく、それ意外の何のダシかも判断しかねる。しばらく食べてるうちに丼のフチやレンゲに油が固まりこびりつきはじめる…冷たい中華で、固まる油使ってるとはめずらしいな…正直ちょっとゲンナリ。具は、冷やし中華か?と思うくらいバラエティで、身のしまった色白なチャーシューがおいしい。細ちぢれ麺は、コシがありツルツルと良い食感…話によると自家製麺らしい。

P1060235.jpg

量はそれほど多くなかったものの、それなりに満足して店を出ようとして気がついた「ゲッ、サイフ忘れた…」カメラはしっかり持ってきたのに、サイフを忘れるとは…こういう事態になると、仏頂面の店主にどう説明したものかと腰が引けてしまう…が、意外にも「すいません、サイフ忘れちゃったみたいで」と告げると、とたんに店主は笑みを浮かべながら「わかりました、じゃ、今度ついでの時にでも持ってきてください」と優しい対応「必ず明日持ってきますんで」「ほんとに、ついでの時でいいからね~」だって…なんだ、いい人だなあ。

P1060263.jpg

次の日は、ちょっと涼しかったので、前日のお代を払いがてら今度は温かい『中華そば』を大盛りでいただいた。昨日の『冷たい中華』の雰囲気からするとかなり期待できるが…ひと口すすって思い出した。あ~そうそうこんな味だった。かなり、豚が強い…例えるなら茹で豚を作った後のスープの香りのような、ただ決しておいしくないわけではなく、化学調味料とかの味を抑えた醤油と豚の素朴な味。途中で口飽きしたりしないゴクゴク飲めるラーメンスープである。細ちぢれ麺は、相変わらずコシがあって美味。スープを飲み過ぎて汗をかいてしまったが、満腹満足!

初日の好印象があるので、実際よりちょっと誉め過ぎかもしれないけど、ネットで検索してみると「ここの中華が一番うまい!」「東京には絶対ない味!」と根強いファンも見受けられるので、必ずしも過大評価というわけではないだろう。駐車場はないが、ご興味を持たれた方は一度足を運んでみるのも悪くはないと思う。ただ、店内はかなりアレなのでそこは覚悟の上で…

再来店の可能性:○
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2007/07/06(金) 17:09:36|
  2. 上山市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagenama.blog2.fc2.com/tb.php/143-92afae37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。