山形ラーメン消化機構

山形市内を中心として、ボクが食べに行ったラーメン屋さんの感想を(あくまで個人的な視点から)書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中華そば 初代 梵天丸

住所:山形県天童市大字矢野目1432-2【地図】
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜定休
テーブル:醤油、酢、ラー油、七味唐辛子、黒コショウ
テイッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
接客:忙しそう
画像:梵天丸中華そば(550円)、つけめん・大(650円)、南蛮中華・大盛(650円)

bontenmaru1.jpg

天童の人気店、場所がわかりずらい事と昼しか営業してないので、いままで足が向かなかったのですが、休日に行ってきました。民家を改造した店内は満員…かろうじて相席で座る事ができました。食べて驚いたのは、去年まで山形市内にあったラーメン店「醤屋」の味にそっくり!ラーメンの種類から盛り付けまで(俺たちの醤屋と改名する前の)醤屋と同じでした。きっと、ここで修行した人が「山形の街中にオシャレな内装で、このラーメンを出したら大人気になるかも?」と思ったんでしょうが…あいにく醤屋はいつもガラガラで間もなく閉店…結構好きだったのでかなりショックでした。しかし、ここに来ればまた食べられるのかあ~嬉しい!

bontenmaru2.jpg

麺はみんな一緒…中細で軽くちぢれが入り、ちょっと柔らかめ。梵天丸中華のスープは魚ダシの風味で、けっこう濃いめ。背脂が多いけど、梅干しをほぐすと酸味が油っぽさを消してくれてサッパリと食べられる。レンゲについた辛味噌もいいアクセント。つけめんは魚ダシ+酸味のあるスープで、そのまま飲むとかなり複雑な味だけど麺との相性はバッチリ!スライスされてないチャーシューの塊が入っていた。

bontenmaru4.jpg

自家製の唐辛子を使用した南蛮中華は「醤屋」でも一時期扱っていたメニューで、辛味噌等とはまたちがった直線的な刺激がおいしく、辛いラーメン好きな人間には堪らない味。大盛りを注文したら、普通盛りと同じドンブリで出てきてしまい、麺ばかりでスープが少なかったのが残念でした…

bontenmaru3.jpg

メニューは他に、あっさり醤油味や、豚骨醤油味、塩味、味噌、チャーシュー丼、3種類のギョウザ等…全体的に単価低めに感じました。

再来店の可能性:○
 
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/08/19(金) 12:12:12|
  2. 山形県内上記以外の市町村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagenama.blog2.fc2.com/tb.php/79-b5de1b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。